『学び舎』教科書の異常性

NPO法人百人の会からのメールに、「つくる会」の空花正人の掲題の投稿があり、大変興味深いので。転載させていただきました。

当会でも、「学び舎」の教科書の酷さに驚き、会員3人で次代を3等分し、問題点を洗い出したことがあります。

空花氏の今回のメールでは「学び舎」の教科書の異常性が簡潔に纏めてありますので是非ご一読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.露骨な階級闘争史観
あたかも革命運動、反権力闘争の指導書のような記述が満載である。学習指導要領を無視
した度が過ぎた扱いは随所にみられる。
(1)秀吉の侵略に反撃する朝鮮義兵・・・・・・・・・・(p104~105)
(2)土一揆、百姓一揆、米騒動(立ち上がる民衆)・・・・・・・・・・・・
(p80~81、p130~131、p214~215)
(3)国際交易で繁栄する琉球、侵略される蝦夷とアイヌ、その迫害と抵抗史・・
       (p49、p84~85、p103、p122~123、p125、p155、p188~189)
(4)残虐な倭寇と闘う勇敢な朝鮮・・・・・・・・・・・(p76~77)
(5)フランス革命(人民武装蜂起)・・・・・・・・・ (p148~149)
(6)インドの大反乱と太平天国・・・・・・・・・・・・(p156~157)
(7)冷や水を浴びせる明治維新・・・・・・・・(p167、173、p175~177、p187)
(8)弾圧される民権運動・・・・・・・・・・・・・・・(p182~185)
(9)日本帝国主義支配に抵抗する朝鮮と中国/台湾の民衆・・・・・・・・・・
(p194~195、p202~203、p208~209、p212~213、p239)
(10)活発化する女権運動・・・・・・・・・・・・・・(p216~217)
(11)関東大震災下の朝鮮人大虐殺・・・・・・・・・・(p217)
(12)重慶大爆撃と抵抗する市民・・・・・・・・・・・(p234~235)
(13)米英の対立を招いた資源獲得戦争・・・・・・・・(p238~239)
(14)戦火の犠牲となった少国民・・・・・・・・・・・(p242~243)
(15)降伏を認めない沖縄戦・・・・・・・・・・・・・(p248~249)
(16)原爆投下・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(p250~251)
(17)原水禁運動・・・・・・・・・・・・・・・・・・(p268~269)
(18)安保反対運動・・・・・・・・・・・・・・・・・(p267、p270~271)
(19)ベトナム解放戦線とベトナム反戦運動・・・・・・(p274~275)
(20)沖縄本土復帰と米軍基地返還問題・・・・・・・・(p276~277)
(21)戦争被害補償(慰安婦問題を含む)・・・・・ ・・(p280~281)
(22)福島原発事故・・・・・・・・・・・・・・・・・(p286~287)

   煽動教科書の証拠―――鍵となる単語  
<住民、民衆からの>
抗議、訴え、運動、デモ(行進)、集会、参加、ストライキ、団結、結成、争議、騒動、暴動、
襲撃、反乱、打ちこわし、一揆、抵抗、押しかけ、宣言、演説、叫び、要求、よびかけ、指導、
支援、署名、請願、戦い、
<住民、民衆に対する>
弾圧、取り締まり、おさえる、出動、禁止、逮捕、刑務所、処刑、連行、強制連行、働かせる、
かり出す、かり立てる、送り込む、送られる、(肉体)労働、支配、命令、強いる、

2.倒錯した日本隠し(まさしく「朝鮮籍」教科書の出現)
天皇や日本文化の特長、自衛隊の貢献、過去に日本が受けた被害などは、バッサリ切り捨てられ
ている。
(1)クニのはじまりから一貫して大和政権(朝廷隠し)・・・・(p36~p42)
(2)元号(和暦)、天皇(皇統譜)隠し・・・・・・・・・・・(p8、p39、p41)
(3)蘇我氏に従属する厩戸皇子(聖徳太子の希薄化)・・・・・(p38~39)
(4)万葉集の文化史的価値の抹殺(防人の歌のみ)・・・・・・(p44、52、299)
(5)文化・技術の渡来起因説・・・・・・・・・・・・・・・・(p29、37、96)
(6)東アジアの華夷秩序に盾突く非常識国家としての日本・・・(p39隋、p73元、p77明)
(7)自衛隊の貢献皆無・・・・・・・・・・・・・・・・・・(p265、277、283)
(8)日本人拉致問題の隠蔽・・・・・・・・・・・・・・・・(なし)

3.特異な歴史上の人物(本文数行以上、ミニコラム以上で扱われた人物)
(1)阿只抜都(ルビはアキバツ)・・・倭寇(p76)
(2)金忠善(もとの和名 沙也可)・・・・朝鮮側に投降した武士(p105)
(3)オランプ=ド=グージュ・・・・フランス革命の女性闘士(p148~149)
(4)トゥサン=ルベルチュール・・・ハイチ独立革命の指導者(p149)
(5)楠瀬喜多・・・・・国会開設署名運動(p183)
(6)深沢権八・・・・・憲法研究・学芸講談会(p184)
(7)全準・・・・・・東学の指導者(p194~195)
  (8)柳寛順・・・・・・三・一独立運動(p212)
(9)平塚らいてう/市川房枝・・新婦人協会(p216、219)
(10)曺仁承(ルビはチョインスン)・・関東大震災朝鮮人虐殺目撃者(p217)
(11)山本宣治・・・・治安維持法反対国会議員(p220~221)
(12)夏淑琴・・・・・南京事件被害者(p235)
(13)森田忠信・・・・一般召集兵士(p242)
(14)金城重明・・・・沖縄集団自決(p249)
(15)山口シズエ・・・戦後初の女性反戦衆議院議員(p258)
(16)鈴木安蔵・・・・憲法研究会(p260~261)
(17)金学順・・・・・韓国人慰安婦(p281)
(18)河野洋平・・・・慰安婦問題官房長官談話(p281)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です