安倍首相の対中観、おかしくない?

安倍首相の対中観が怪しい。 「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と行ってみたり、香港の問題については何も発しなかったり。 ちょっとおかしいのではないかと思っていた矢先、今日(10月13日)の産経新聞の「あめりかノート」で古森義久ワシントン駐在客員特派員がこの点を鋭く指摘していた(仁)。   古森氏は《安倍首相は4日の所信表明演説で中国との「あらゆ 続きを読む…

歴史ドラマ「イサベル~波乱のスペイン女王」を見て。

毎日楽しみに(月~金)のBS日テレで見ていた「イサベル~波乱のスペイン女王」が今月の10日に終わってしまったのですが。 イサベル女王(在位1474-1504)はカスティーリア(現在のスペイン)の長女として生まれ異母兄が国を継ぐが無能な為に貴族の期待は利発なイサベルと弟に集まり弟が亡くなり異母兄も亡くなると異母兄の娘ファナ王女と戦い(ファナ王女には出生の疑惑が 続きを読む…

わが国で餓死なんてあっていいのか!

「百人の会」の増木氏が「我が国で餓死なんてあっていいのか」と憤っておられます。 最近のニュースでこの手の悲しいを聞くたびに耳を覆いたくなります。 増木氏は教育界で権利ばかりを教えてきたことの結果だ。もっと「義務」、「責任」を教えるべきだと言われます(仁)。   《我が国で「餓死」なんてあっていいのか             事務局 増木重夫  下記 続きを読む…

香港の人を見殺しにするのか!

香港の民衆が自分たちの自由を求めていま中国に対して戦いを挑んでいます。 中国は徐々に衣の下の鎧を見せだし始めています。 日本の政府は何らはっきりとした抗議表明をしていません。 香港の人がこんなことを言っていました。 今日の香港の問題は、明日の台湾の問題であり、明後日の沖縄の問題だと。 我々の問題でもあるのです。 今香港で何が起こっているのか知ってください。 続きを読む…

「教科書採択の暑い夏」

「教科書採択の暑い夏」なるタイトルで「百人の会」に投稿された浅田五郎氏の メールを転載させて頂きます。 これによるとこの8月末に中学校の教科書が決定することになっているとのこと。 うーん、ちょっと遅きに失したか。 「今回、長崎市教育長は、横浜市の元教育委員長の経歴に似た優秀な教育長が 長崎市で誕生している。」とのこと。心から応援致します(仁)。 《《《Sub 続きを読む…

いい加減に、憲法改正論議を進めよ!

読売新聞が選挙直後(7月22日~23日)に実施した世論調査によると、 「今後、国会の憲法審査会で、憲法改正に向けた議論が活発に行われることを、期待しますか、しませんか」という設問に対し、 「期待する」が66%、 「期待しない」が27% という結果が出ている。 立憲民主党の枝野幸男代表は、相変わらず「議論を今進める必要がない」などとしているのは、国民の代表とし 続きを読む…

日本の歴史教育が変わる?

日本の歴史教育が変わると学習院大学学長の井上寿一氏が語っている。 産経新聞7月31日のオピニオン欄より一部抜粋。 《日本の歴史教育が変わる。小中高校の学習指導要領が大きく改訂されるからである。中央教育審議会は「次期学習指導要領等に向けたこれまでの審議のまとめ」(平成28年8月)の中で、「社会に開かれた教育課程」の実現を目標に掲げて、子供たちに「何ができるよう 続きを読む…

中学歴史教科書読み比べ

先日、「新しい歴史教科書を作る会」千葉県支部の総会の席で、「中学歴史教科書読み比べ」をされており、既に10号まで発行されていることを知りました。 韓国で「戦時徴用工」の訴訟で日本企業側敗訴の判決が出た際には、 2号で、『韓国併合は、違法な植民地支配だったのか?』を取り上げ、 沖縄で「米軍基地辺野古移設反対」と騒がれると、 4号で『琉球処分 清も認めた!沖縄は 続きを読む…

「世界の日本人ジョーク集を読んで」

本を少しずつでも整理と分類しておかなければと思い片付けていた時に以前にベストセラーになり面白くて何回も読み直してしまった 「世界の日本人ジョーク集」(早坂隆)が奥から出てきたのでまた読み直してしまいましたが、この本を読むと日本人に対する「世界の眼」が」よくわかって本当に面白いと思います。 例えば 「青いキリン」 ある酔狂な大富豪が言った。 「もしも青いキリン 続きを読む…

新しい歴史教科書を作る会の総会

新しい歴史教科書を作る会の総会の模様が、会のホームページに載っています。 「新しい歴史教科書を作る会」ホームページ⇒http://www.tsukurukai.com/News/index.html#010513news   「国民へのアピール」のところに、「新しい教科書が完成し検定に提出したこと」と同時に「来夏の採択戦」について触れていました。抜 続きを読む…