文科大臣に、教科書の「従軍慰安婦」削除勧告を申し入れ

本日(令和3年1月21日)の産経新聞「正論」欄で、作る会の藤岡信勝氏が、萩生田文科大臣宛で「教科書の『従軍慰安婦』を削除するよう」発行者に勧告することを勧めています。   要旨: 令和元年度教科書検定で「従軍慰安婦」の用語が復活しました。 これには何重もの重大な欠陥があります。 検定基準には「閣議決定された政府の見解はそれに基づいた記述がされている 続きを読む…

文科大臣は「従軍慰安婦」記述削除の訂正申請勧告を!

作る会より下記のFAXをいただきました。皆さんにその事実を知っていただきたく、ここにその内容を転載させていただきます。 ”文科大臣は山川出版に「従軍慰安婦」記述削除の訂正申請勧告をせよ”というもの。(仁)   ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ (一社)新 し い 歴 史 教 科 書 を つ く る 会 続きを読む…

つくる会 文科省の罰則規定導入に反対声明

文科省は自由社の教科書を不当な検定で一発不合格にしておきながら、さらに「検定期間中に検定内容や検定結果を公表した場合、次回検定も含めて不合格にする」という罰則を設けようと企んでいます。 これは恐るべきことです。これがいかに不当なものかは下記の声明を読んで頂くとよく分かります。(仁) ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 続きを読む…

道徳教科書:東葛東部採択地区で日本教科書を採択

知り合いから連絡があり、千葉県東葛東部採択地区で「日本教科書」の道徳教科書を採択したとのこと。 日本では3地区のみ。 共産党の赤旗をご覧ください。育鵬社などの教科書が激減したのを喜んでいます。悔しい~~~ 今に見ておれ!(仁) アカハタ→https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-11-21/2020112114_02_ 続きを読む…

許すな!文科省の不正検定と横暴な罰則規定導入

本日の産経新聞(11月18日付け)の正論欄に、藤岡信勝氏が「教科書検定に罰則を導入するな」と題して、文科省の不当な検定とその後新たに設けようとしている罰則規定について批判をされている。 今回の検定の前には、ページ数の何パーセントの以上の指摘があった場合には一発不合格とする制度(弁明を許さない規定)を創設していた。 今度は文科省の意向に反して違反した場合には、 続きを読む…

文科省の「教科書検定の期間中内容公表は『不合格』への反論

皆 様 今日の産経に「教科書検定の期間中内容公表は『不合格』」の記事が掲載されました。 この報道内容に対して、藤岡副会長が文科省に対する反論をされておりますので転送いたします(隆)。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 教科書検定罰則指定新設の矛盾 本日(11月11日付け)の産経新聞は、<教科書検定の期間中内 続きを読む…

自由社・新しい公民教科書 採択のための意見提出

ちょっと古いのですが、7月にいただいたメールの中に、自由社の公民教科書採択のための 推薦の言葉が載っています。教科書展示会の際にアンケートを書くための参考資料です。 よく纏めてあります。教科書を脇に置いてぜひ読んでみてください(仁)。 《教育を良くする神奈川県民の会通信531  中学校教科書採択の意見提出 服部です。御支援、ありがとうございます。 横浜市の採 続きを読む…

育鵬社教科書 初採択に抗議

8月30日の千葉日報によると、千葉県教委が育鵬社の教科書を初採択したことに、市民団体と称するところが取り消しを求める抗議を行った。 あの連中はこういうのが得意だ。われわれには今何が出来る?(仁)   千葉日報の記事⇒ 《千葉県教委が県立千葉と東葛飾の両中学校で使う歴史と公民の教科書に保守色が強いとされる育鵬社版を初採択したことに対し、市民団体「教科 続きを読む…

教科書調査官の疑惑否定ー文科相

産経新聞8月5日朝刊によると、萩生田文科相は「考えられる限りの方面に正式に確認した」が「調査官の名前が掲載されているといわれる文書などを含め、事実は確認されなかった」と述べたという。 そんなはずはないでしょう。ではアサヒ芸能を訴えてはどうですか? 「文科省『不正検定』を正す会」に頑張って欲しいと思います(仁)。  

教科書調査官、おぬしも悪よのー

7月1日の産経新聞「正論」欄に藤岡信勝氏が「教科書調査官『無謬神話』の愚かさ」と題して教科書検定の不当性を訴えておられます。 自由社の書いた内容が欠陥とされ、同じことを書いた日本文教出版には検定意見もつかなかったと。このような事例はこれ以外にもいくつもあるそうです。 やってくれましたね!調査官さん!面しれ―じゃねーか(仁)。 産経新聞記事⇒https://s 続きを読む…