いじめの報い 

以前(2020年5月)「百人の会」に掲載されていた三澤廣氏の記事を当会で転載させて頂いたことがあります。タイトルは「リベラルの強弁」。 今回当会のためにわざわざ記事を投稿していただきました。今話題の小山田圭吾氏のいじめ問題について。 中でリベラルのダブルスタンダード加減、正義感の欠けたマスコミとの癒着・連携について実に詳しく語られています。 ご興味のある方は 続きを読む…

オリンピックを推進しよう

オリンピックを阻止する勢力がいつまでも嫌がらせをする。 なんと嫌な世の中だろう。いやなんと嫌な人種だろう。 8年前に世界に約束をして立派な素晴らしい祭典を繰り広げようと準備してきたのに。 予想できないコロナの蔓延があったとはいえ、すぐに辞めるということはないだろう。 日本に比べたら数倍、十数倍の感染者数、死亡者数の国でも野球やサッカーの試合をやっている。やる 続きを読む…

対中認識 先進国で悪化

米国の調査機関ピュー・リサーチ・センターが実施した国際世論調査によると、対中国の評価が非常に悪いことが分かった。(先進17カ国・地域の成人約1万8900人を対象に実施) <中国を「好ましくない」と見ている国・地域> 17カ国・地域のうち、15カ国・地域で過半数が「好ましくない」としている。 日本          88%。 スウェーデン      80% オ 続きを読む…

言葉狩りはいい加減にしないと

世の中は偉い人が多い。ちょっと何かを言うとそのことを徹底的に叩く。 国会の質疑応答(言葉尻を捉えた攻撃)など見ていられない。 メディアは発言の全体を通して見ればどうということもないことを、一部を切り取って自社の考え方に沿った発言の捉え方をして徹底的にたたく。 森さん降ろしは酷かった。ちゃんと森さんの意見を全部聞いてその趣旨を分かって言っているコメンテイターは 続きを読む…

「しんぶん赤旗」の勧誘に待った 習志野市議会

全国各地の地方自治体の庁舎内での「しんぶん赤旗」の勧誘が横行している。 このほど習志野市でこの問題の適正化に関する市民からの陳情を市議会が賛成多数で採択した。この動きを全国に広げなくてはならない。(仁)   以下、産経新聞記事12月15日付け ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 千葉・習志野市議会、政党 続きを読む…

国歌斉唱不起立で再任用拒否は妥当か否か?

この教師は国歌が流れる時に起立をしなかったのですが、この人物は自分の教え子が海外に行ってその国の国歌が流れる場面に遭遇した時に起立することをせず、大恥をかくことになるという想像は出来なかったのでしょうか(仁)。   “国歌斉唱不起立で再任用拒否は不当”と提訴…大阪地裁は請求棄却する判決 11/27(金) 10:40配信 279 MBSニュース  卒 続きを読む…

あまりにも現状と乖離 「新聞倫理綱領」

新聞倫理綱領というものがある。その5項目は、「自由と責任」「正確と公正」「独立と寛容」「人権の尊重」「品格と節度」とある。 綱領とメディアの現状とのあまりに乖離しているのは、「日本学術会議」の報道一つを見ても明らかである。つまり現実のメディアは、この倫理綱領に沿ってないと言わざるを得ない。 本日(令和2年11月15日)の産経新聞で、酒井信彦氏がメディアを糾弾 続きを読む…

武漢ウイルスの収束後に訪問したい国

「武漢ウイルスの収束後に旅行するとしたらどこの国に行きたいか?」 アジアや欧米豪12カ国の海外旅行経験者たちを対象にした調査が、日本政策投資銀行と日本交通公社によって行われました。 日本はダントツのトップ。 日本を訪問したい理由は、 ・行きたい観光地や観光施設があるから、 ・食事が美味しいから、 ・旅行したころがあり、気に入ったから、 ・清潔だから、 ・買い 続きを読む…

祖父が愛した日本に導かれて

先の大戦に従軍した祖父から聞いた素晴らしい日本と日本軍人について、アメリカ人による日本の歴史研究者の論文です(引用者:生)。 *************************以下本題******************** 『祖父が愛した日本に導かれて』 麗澤大学外国語学部准教授 ジェイソン・モーガン (『れいろう』誌 心に残る話 ベストセレクションPar 続きを読む…

NHK映らないテレビ、受信契約の義務なし 東京地裁

公共放送と言いながらこんなに偏向したテレビになぜ受信料を支払わなくてはならないのか。 下の記事を読んでNHK受信料を支払わないよう努力してください(仁)。 《NHK映らないテレビ、受信契約の義務なし 東京地裁》 6/26(金) 22:24配信 朝日新聞デジタル 東京地裁=東京都千代田区  NHKが映らないテレビであれば、受信契約をしなくてもいいのか。この点が 続きを読む…