今の日本はどうなっているのでしょう

今の日本はどうなっているのでしょう? 安倍元総理が亡くなられた時にあれだけ挙ってその死を悼み献花をしたりしていたのに、統一教会問題が出てきた途端に政治家(特に自民党の)と統一教会の関係が取りざたされ、安倍元総理の国葬にまで否定的な意見が大きく取り上げられている。 これは完全にメディアによる操作だ。野党と左翼が一体になってそれに悪乗りしている。 安倍元総理がや 続きを読む…

投稿文「古文漢文を守れ」

山之邉雙氏よりご投稿をいただきました。ありがとうございます。ここに掲載させていただきます(仁)。 古文漢文を守れ   私は前々から、百田尚樹氏のファンです。日本文化を守ろうという意欲は頼もしく感じられます。 最近は、もう一人、「2ちゃんねる」「5ちゃんねる」の創始者・ひろゆき(西村博之)氏の評論にも感心しています。こちらは良識派(朝日新聞とは逆の意 続きを読む…

朝日新聞的教育観の崩壊(四)山之邊雙

山之邊雙氏よりの寄稿最終回を掲載致します(仁)。   朝日新聞的教育観の崩壊(四)   山之邊雙   明治以来の日本の教育の最大の長所は「公平」だった。海軍兵学校や陸軍士官学校は、皇族だけは無試験で受け入れたが、それ以外は情実は全くなし。公侯伯子男(華族)でも成績が悪ければ落とされた。 東大にはもっと輝かしい実績がある。昭和初年、さる皇族 続きを読む…

朝日新聞的教育観の崩壊(三) 山之邊雙

山之邊雙氏よりの寄稿(三)を掲載いたします(仁)。   朝日新聞的教育観の崩壊(三)   山之邊雙   陥穽の第二は、本当に「出るのを難しく」したらどうなるのかという問題だ。DQN大学(Fランク大学ともいう。米人にpig universitiesと言ったら通じなかったが、worthless universitiesと言ったらよく理解してく 続きを読む…

朝日新聞的教育観の崩壊(二)山之邊雙

山之邊雙氏よりの寄稿を掲載いたします(仁)。   朝日新聞的教育観の崩壊(二)   山之邊雙   入試改革はすればするほど悪くなる。かつて三木内閣(昭和四十九年から五十年まで)に、永井道雄という文部大臣がいた。なんと朝日新聞の論説委員だったのを三顧の礼で迎え入れたのだ。私は、政治と言論の癒着だと憤ったものだ。そのせいで、朝日は三木内閣に好 続きを読む…

朝日新聞的教育観の崩壊(一)山之邊雙

山之邊雙氏よりの投稿がありましたので掲載いたします(仁)。   朝日新聞的教育観の崩壊(一)      山之邊雙   「ひろゆき」氏というユーチューバーがいる。西村博之という名前らしい。 2ちゃんねる、5ちゃんねるの創設者である。知らない人はWikipedia参照。 この人、インタネットでは「反日だから嫌い」という批判も受けているが、そん 続きを読む…

おしゃれな保守?

わたしは学生時代だけでなくその後社会人になった大分あとまで、革新(左翼)であったことにいささか恥ずかしさが残っているのですが、そんな気持ちを笑い飛ばすような意見が産経新聞に載っていました(仁)。   おしゃれな保守になろう 《学生時代、「保守」であることを公言するのは、なかなか勇気のいることだった。知的でないと認めるようなものだったからだ。革新(左 続きを読む…

産経新聞のちょっといい話

「百人の会」のメールに面白い記事がありました。転載させていただきます。 日本もやるじゃない(仁)。 ~~~~~~~~~~~~~ (高槻市:伊藤) 朝刊(火曜日)記事 もしご存知なければどうぞ。 1、表題 スポーツでも支援の輪 2、記事の内容 台湾のフリーダイビング協会のフェイスブックに最近、このような感謝のコメントがつづられた。 日米など10カ国の選手に向け 続きを読む…

リベラルって、きったねえなあ(一) 

山之邊雙氏から投稿を頂きました。ちょっと長いので3回に分けてお届けします。 今風に言うと「リベラル あるある」というところかな。面白いですよ(仁)。 ===================================   リベラルって、きったねえなあ(一)         山之邊雙   「皇室典範に関する有識者会議」と打ち込んで、イン 続きを読む…

いじめの報い 

以前(2020年5月)「百人の会」に掲載されていた記事を当会で転載させて頂いたことがあります。今回当会のためにわざわざ記事を投稿していただきました。今話題の小山田圭吾氏のいじめ問題について。 中でリベラルのダブルスタンダード加減、正義感の欠けたマスコミとの癒着・連携について実に詳しく語られています。(仁)   「いじめの報い」山之邊雙(やまのべそう 続きを読む…